GALOPIN RIDERS(ギャロパン ライダーズ)は、
                 神奈川県小田原・足柄地区で活動するランニングバイク(も楽しむ)キッズのチームです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月は、大会目白押しでチーム練習を行えなかったので、
6/3の日曜日に久々の練習会を上府中公園にて行いました

前日の天気予報は、・・・

以前も、上府中公園での練習会は、雨で中止になったので、「悪夢再びか」と不安に・・・
けど、皆の祈りが届いたのか、お天気は

今回の練習会の目玉は、6月って事で「Easter egg探し


ガチャンポン(?)のカプセルをデコって、eggに見立て、それを皆で見つけるんだけど、
(もちろんストライダーに乗って探すのが大前提でね
企画発案者の私としては、それで楽しめるのかなぁ・・・とかなり不安

上府中公園は、遊具もあるので、いかに飽きずに長くストライダーに乗ってもらうかは、
いつも頭を悩ませる課題です

全員集合
今回は、初めて練習会に参加する、新しいお友だち3人も加わり、賑やか


自己紹介はそこそこに、早速egg探し開始

皆、真剣に探してます


ランニングバイクを始めたばかりの、みくるちゃんや、みなみちゃんも、
頑張ってバイクで探していて、ママによると、こんなに長く乗ったのは、初めてとの事。


見つけたeggには、番号札が入っていて、その番号と景品を交換しました


最後は、皆でお片付け


そんなこんなで、久々の練習会は、お天気も見事に予報が外れて暑いくらいだったし、
子供達は最後まで遊具の誘惑には負けず、バイクを乗り通したし、
egg探しは想像以上に好評だったので、企画大成功だったかな


また、楽しくバイクを乗れるアイディアを見つけておかないとね♪

〈おまけ〉
今度のBBQに向けての場所探しでの1コマ
「男は、背中で語るぜ~!!ワイルドだろぉ~?」


ナウシカ(写真提供:tetu&Markn)
テーマ:ランニングバイク - ジャンル:スポーツ
息子がストライダーに乗り始めてはや5ヶ月。
先週の「伊豆ランニングバイク選手権 in CSC」でも
土埃の中を走ったので、以前から気になっていた、
ホイール周りの清掃と玉当たりの調整をしてみました。

純正のEVAホイールタイヤです。ホイールとタイヤが一体成型となっています。
手でホイールを回してみるとそれなりには回転するものの、
車軸やハブは黒ずんでいて、見るからに汚れてます。


早速分解。
玉受けには13mmのハブスパナを当てて、
ロックナットには14mmのスパナを当てて。
ハブスパナがなければ、ストライダーに付属していたような、
薄型のスパナでもなんとかなります。


出来る事は息子が。「自分の事は自分で」が我が家のモットー。
教えてあげれば、2歳児でも案外出来るものです。


ばらしていくとこんな感じに。
上からロックナット、玉受け、ベアリングです。
玉受けでベアリングを押さえつけて、ロックナットで
玉受けを押さえつける構造です。


ベアリングはバラけ防止の枠付きで玉が6個。
う~んきちゃない。これじゃ回らないよね。


ディグリーザーを使って汚れを落とします。
ディグリーザーとは、油汚れなどを落とす脱脂剤や溶剤のこと。
自転車やさんで購入できます。


適当な入れ物に汚れている部品を入れて、かき混ぜる事数分。
見違えるほどピカピカになりました。比べてみると違いは歴然。


シャフトや軸受もウェスで拭いて、グリスを塗って元に戻します。
グリスも自転車屋さんで購入。種類が多くて分らなかったら、
店員さんにやりたいことを伝えれば大丈夫。


肝心の玉当たり調整ですが。。。

先ほどの玉受けを締め込んでいくと、ゴリゴリとした感触になり、
ホイールの回転に抵抗が出て重くなります。
逆に玉受けを緩くすると、ホイールの回転も軽くなるのですが、
あまり緩くし過ぎると今度はガタツキが出てきます。

自転車は走行中に前後のハブへ全体重ががかかります。
また路面のデコボコによる振動などで更に加重されます。
このときに玉当たりの圧が弱いと、ベアリングにガタが生じる訳ですが、
振動が酷いと玉押しやベアリングのボール表面が破損してしまいます。
これがいわゆる虫食いです。ストライダーも原理は一緒。

そんな訳で極度のガタは絶対にNG。
調整しては乗ってみての繰り返しで調度良い玉当たりを見つけます。

最終的にはこんな感じになりました~。


純正のタイヤでも、本来はこれだけ回るんですね。
これなら乗り手も気持ちよく走れるでしょう~。
メンテナンスは大事ですね♪

tetu
テーマ:ランニングバイク - ジャンル:スポーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。